画像出典:photo-ac.com

一人の女の子がバイク屋に来店。女の子「スクーターっていくらしますか?」彼女は値段に驚き帰ってしまう。

ある日自転車を一生懸命に漕ぐ彼女を見かけ「何処に行くの?」と聞くと…

 

かれこれ12~13年前、一人の女の子が安い中古のスクーターが欲しいと来店した。

その時、在庫していたのは5~6万のディオ。

彼女はバイクの知識は皆無で、その値段に驚き、その時は帰ったそうだ。



ある時の早朝、社長が軽トラで街道を走っていると、パンクしたチャリを押して歩く女の子を見た。

軽トラを止めて声をかけると以前店に来た女の子だと分かった。

その場所は店から結構離れた場所。

何処か行く途中なのか尋ねると、専門学校に行くと。

じゃあ送ってあげるからとチャリを積み、帰るまでにパンクを直しておいてあげるからと車に乗せた。

近くだと思った社長は、行先を聞いて驚いた・・・

 

世田谷区まで行くと。

ここは神奈川県の大和市。

世田谷区までは、
246号線で行っても30㎞くらいある。

近所の駅までだと思った。

でも少し遠くに私鉄の駅があるから、
そこまで行くんだな、と勝手に思った社長。



急ぎの用事があったので近くの駅まで送った。

その夜、彼女から電話があり、
今夜は遅くなるから取りに行けないと。

でも社長は遅くてもよいから大丈夫と告げる。

そして彼女がチャリを取りに来た。

夜も23時過ぎ。

社長は、バイトして遅くなったんだろうくらいに考えていた。

だが、彼女は電車代を節約するために
かなりの距離を何駅分か歩いて来たと言った。

社長は驚くよりも怒った。

何で電車代くらいをケチるんだ!

続きをご覧ください!

次のページへ続きます

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください