睡眠時に左向きで寝ると、あなたの体にある変化が!?

その驚きの変化とは・・・

生き物が睡眠を取る理由は未だに解明されていません。

最も信ぴょう性のある理由としては脳や体を休ませることで体を健やかに保ち、

生命を維持しているという考えです。

睡眠は人の成長にとても重要であり、

寿命にも大きくかかわりがあることが明らかにされています。

また、寝る時の体勢は人によって異なります。

心を落ち着かせる体勢と体に良い体勢は、別物であることをご存じでしょうか。

今回は、体にとってとても良い左向き寝をご紹介いたします。

左向き寝を続けると、体にとても良い変化が現れるのです!



睡眠時には左を下にして寝ると良いと言われています。

上の図を見てもらえばわかるように、右を下にして眠ると胃液が逆流して、

気分が悪くなったり息苦しくなったりします。

ですが、左を下にすれば胃液は逆流せず胃にとどまり、息苦しいなどの問題は発生しません。

では仰向けで寝るとどうかというと、仰向けはたしかに胃液は逆流しにくいですが、

舌の付け根の部分が重力に引っ張られて下り、気道を塞いで、結果息苦しさを感じてしまいます。

うつ伏せだと胃に圧力がかかり、結果様々なダメージを与えてしまいます。

そのうえ、単純に息苦しいでしょう。

それでは、左向きで寝ることによる4つのメリットをご紹介します。

続きをご覧ください!

次のページへ続きます

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください