画像出典:youtube

右向きはダメ!?『睡眠時に左向きで寝たほうがいい5つの理由』

あなたは知っていましたか?

生き物が睡眠を取る理由は未だに解明されていません。

最も信ぴょう性のある理由としては脳や体を休ませることで体を健やかに保ち、

生命を維持しているという考えです。

睡眠は人の成長にとても重要であり、

寿命にも大きくかかわりがあることが明らかにされています。

また、寝る時の体勢は人によって異なります。

あなたは寝るとき、どちらを向いて寝ていますか?

心を落ち着かせる体勢と体に良い体勢は、別物であることをご存じでしょうか。



2014年に経済協力開発機構(OECD)が行った調査によると、

日本人の平均睡眠時間は7時間43分、

韓国に続き世界で2番目に短いという結果が報告されています。

近年、日本人の平均睡眠時間は年々減少傾向にあると言われていますが、

それでも私たちは1日の時間の内3分の1近くをベッドや布団の中で過しています。

ある医学誌に最近掲載された論文によると、質の良い睡眠を取るためには

睡眠時間の長さだけでなく、睡眠を取るときの『体の向き』が重要なのだそうです。

この論文で推奨されているのは、体の左側を下にした「左向き」の睡眠です。

そこで今回は、体にとってとても良い左向き寝のメリットをご紹介いたします。

左向き寝を続けると、体にとても良い変化が現れるのです!

それは・・

続きをご覧ください!

次のページへ続きます

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください