とある住宅街に不自然な空き地があった

どこか違和感を感じていたのだが、そこに友人が足を踏み入れてしまった結果・・・

今回ご紹介するのは、とある住宅街の空き地で起こった出来事です。

どこか違和感があったこの空き地。

そこに友人が足を踏み入れてしまいました。すると・・・

このあと一体何が起こってしまうのでしょうか?



中学3年生の時の話です。

私の実家は東京近郊にあるかなり小さな町でした。

都市開発で住宅が増えても、未だ田んぼの方が多い様な地域で

田んぼの真ん中にある農道と

住宅街と田んぼの間にある大きな道の2つが基本的な通学路でした。

農道の方が近道なので普段は農道を通っていたのですが、

ある日住宅街側に住む友人に誘われて、住宅街側の大きな道を通って帰ったのです。

普段は余り通らない道なので、最初はいつもとは違う風景にわくわくしていました。

続きをご覧ください!

次のページへ続きます

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください