『失明し妻の笑顔が消えた』

すると、それを境に夫が土を掘り始めた。その理由に誰もが感動した・・・

今回ご紹介するのは、真実の愛の物語です。

それは、宮崎県児湯郡新富町で起こった出来事。

この住所を聞いてピンと来た方も、中にはいるのではないでしょうか?

ここは普通の一軒の個人宅の住所なのですが、

毎年春になると新聞やテレビで紹介され、

全国各地から観光客が訪れる観光スポットなのです。

なぜ観光スポットになったのかというと・・・

そこには真実の愛の物語が存在するのです!



一軒家に住むのはこの家の主人、黒木敏幸さん(86)と、

笑顔が素敵な妻の靖子さん(76)の2人。

靖子さんは52歳の時に失明し、光を失ってしまったのです。

しかし、これが全ての始まりだったのです!!

そして、この物語に日本中が涙しました。

それは・・・

続きをご覧ください!

次のページへ続きます

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください