画像出典:youtube

選抜高校野球で悪質なルール違反が発覚!

それは、大会存続危機にまで関わる問題だった・・・

高校野球といえば選手たちの真摯なプレーが、人々の心に訴える

アマチュア野球の理想形として日本では昔から人気があります。

しかし、そんな真摯な高校野球で大会存続も危ぶまれる

ルール違反が起きてしまったのです。

事件が起こったのは、

第88回選抜高校野球大会第4日目の

第3試合秀岳館(熊本)対花咲徳栄(埼玉)戦でした。



それは5―1と秀岳館リードで迎えた4回、秀岳館の攻撃中に起きました。

二アウト二塁で金丸球審が試合を止めて「セカンド!」と叫び、

二塁走者・木村(3年)に歩み寄って注意。

「サイン盗みの疑い」があるとして注意をしたのです。

通常、捕手のサインを見て打者に球種やコースを教える

「サイン盗み」はルール違反とされています。

潔白を訴える秀岳館側と抗議を続ける花咲徳栄側とで

食い違いが生じ、険悪ムードが漂ってしまいました。

そしてこの疑惑行為を廻って、秀岳館と花咲徳栄の言い分は真っ向から対立しました。

それは・・・

続きをご覧ください!

次のページへ続きます

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください