『若き特攻部隊の決意』

彼らの家族、婚約者に送った手紙が切ない・・・

太平洋戦争も末期になるころ、「一億総特攻」の名の下、

日本の戦争指導者たちは、命を散らしてでもアメリカを中心とする連合国軍に

一矢報いようと、様々な特攻作戦を企画立案していました。

いずれの作戦も、1人の命がなくなることを前提として、

かつ1人の命で連合国軍の兵士を多く命を取り去るすることを強いた作戦であり、

その作戦について、今でも是非が問われ続けています。



大本営では真剣に特攻兵器の研究がすすめられ、

かつて連合艦隊の参謀として真珠湾作戦などに携わった黒島亀人大佐などが

積極的にそれらの開発を促進し、その結果信じがたい「特攻兵器」

誕生することとなったのです。

それは、陸海軍あわせて6000人以上の若い命が戦場に散った

旧日本軍の特攻作戦でした・・・

続きをご覧ください!

次のページへ続きます

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください