古代マヤ文明の彫像から『QRコード』を発見!?

読み取ってみると驚きの結果に・・・

古代マヤ文明の遺跡は、古代の宇宙人が残したと言われる物が数々あります。

しかし今回新たに、QRコードのような作品が発見されました!

マヤ文明とは・・・

中央アメリカのグアテマラからユカタン半島にかけての地域に、

古代から栄えたマヤ族の都市文明です。

巨大なピラミッド神殿を築き、天文・暦・数学・壁面装飾・象形文字などが発達していました。

3世紀頃から9世紀まで強い勢力があったが、その後衰退しました。



約5000年前、メキシコ南東部やグアテマラ一帯を中心に栄華を誇ったマヤ文明。

現代にも通用するほど高度な技術や天文学的知識を持っていたことを

うかがわせる品が数多く出土しており、それには宇宙人が関係しているのではと

考えている人もいます。

そして、マヤ文明はQRコードさえ駆使していたのではないかと、疑われる彫像が発見されたというのです!

それがこちら!

画像出典:youtube

この彫像の顔の部分をご覧ください。

印鑑のようになっている部分が、まるで現在のQRコードのように見えませんか?

当然、QRコードなんてものができたのは十数年前なので

この像が発掘された時には何かの模様としか思わなかったのでしょう。

マヤ人たちはこのQRコードにどんな意味を込めているのでしょうか?

さっそく読み取ってみると・・・

続きをご覧ください!

次のページへ続きます

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください