特殊な体質を持ち、240万人もの子どもを救ったおじいさん

その不思議な力とは・・・?

人を助けることは簡単ではありません。

困っている人のために自分が動くことは、単純ですがなかなか難しいもの。

そんな中、今回ご紹介するのは、240万人もの子どもを救ったというおじいさんのお話です。

そのおじいさんはオーストラリアに住むジェームズ・ハリソンさん。

彼は一体どうやって、240万人もの子どもを救ってきたのでしょうか?



そのきっかけとなったのが、14歳のときの手術だそう。

それは片方の肺を切除するような大きな手術で、大量の輸血が必要でした。

血液を提供してくれた、名も知らない人々に助けられた彼は、

そのときから自分も血液ドナーになりたいと思うようになりました。

しかし、オーストラリアの法律では、18歳になるまで献血することはできません。

「将来、自分も絶対に血液ドナーになる」そう誓ったのです。

そして、18歳になったときに宣言通り、献血を始めました。

でもただ血液を提供するだけで、なぜ240万人もの子どもを救うことになったのでしょうか?

それには彼のある特殊な体質が関係していたのです。

それは・・・

続きをご覧ください!

次のページへ続きます

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください