『交通事故の被害者なのに、保険会社の対応が悪い!』

そんな状況が一発でよくなる方法が・・・!!

交通事故は、いつ遭遇するか分かりません。

加害者になるか、被害者になるか、一生の間に交通事故に関わる可能性も少なくありません。

後ろから追突された、横からぶつかられた、車にはねられた、バイクにはねられた。

自分は安全運転しているのに、事故に巻き込まれてしまう場合もあります。

交通事故の被害者になったときは、怪我や車両の補償を加害者に求めないといけません。



そんな時、相手側の保険会社と連絡を取りあい、対応してもらう事になるのですが、

担当者によっては、とても嫌な思いをすることになります。

保険会社としては、支払う金額を1円でも安くしたいため

色々と理由をつけて保険料を下げようとしてきます。

ご自分で強く主張できる方なら問題ないのですが、

泣き寝入りにならないよう、事故に遭う前から心構えや予備知識をしっかりと持っておいて下さい。

あるツイッターユーザーさんが、交通事故の示談交渉の際に

ぜひ覚えておきたい知識を紹介し、注目を集めているのでご紹介します。

続きをご覧ください!

次のページへ続きます

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください