バス車内で女子高生『障害とか持って産まれたのが悪いんじゃん』

イラっとして切れてしまった結果・・・

今回ご紹介するのは、あるバスの車内での出来事です。

そこには衝撃の展開が待っていました。

昨日母とバスに乗った時の話。

母は障害者で足が悪いので、

普段は叔父に運転してもらって出掛けるんだが(自分は免許持ってない)、

今日はちょっと遠くのショッピングモールに長時間の用事があって

叔父も出掛けてたので、バスで行き帰りする事にした。



帰りのバスがちょうど学生達の帰宅ラッシュとダブってしまって、

めちゃめちゃ混んでいた。

座席は全部埋まってて、優先席には茶髪、ミニスカ、ガッチリ化粧まつ毛、

バサバサな女子高生二人が座ってた。

うわー…と思いつつ、体に負担がかかるから母を立ちっぱなしにさせるのは嫌で、

とりあえず女子高生に

「足が悪いから席を譲ってくれないか」

って話しかけた。

そしたらその女子高生は・・・

続きをご覧ください!

次のページへ続きます

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください