2年前に宇宙に打ち上げた小型カメラを発見!!

その中に残された貴重な映像とは・・・

 

 

スタンフォード大学の学生たちが、通信機を取り付けた状態で観測気球を打ち上げました。

しかし、打ち上げてから1時間27分後、高度30kmに到達した時点で気球が破裂したのです。

装着したカメラは通信が届かない場所に落下してしまいました・・・

カメラが行方不明になってしまって、彼らはこの貴重な映像を見ることができず、

悔しい思いをしたことでしょう。

しかしなんと!



この気球に装着されたカメラが、2年後に偶然発見されたのです。

場所は砂漠のど真ん中でした。

カメラに残っていた映像とは!?

続きをご覧ください!

次のページへ続きます

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください