AB型が献血で喜ばれるのは数が少ないからだけではなかった!?

別の「大切な役割」とは・・・

皆さんは献血に行ったことがありますか?

日本人の血液型といえば、最も多いのがA型、続いてO型、

B型、最も少ないのがAB型です。

AB型の血液は人数が少ないため希少なのですが、

実は「特別なこと」にも使用されているのです。



血液の成分

人体に必要な要素である酸素やホルモンを運ぶ大切な役割を果たしているのが、

体内に流れている温かい血液です。

血液と抗凝固剤を試験管に入れしばらく放置すると2つの層に分かれます。

上層に浮かんでくる液体が血漿で、下層に沈殿してくるのが血球です。

血球は赤血球、白血球、血小板からなります。

この血漿と血球は、どちらも人間の生命を維持するために大切な役割を果たしています。

それでは、AB型の血液はどんな

「特別なこと」に使用されているのでしょうか?

続きをご覧ください!

次のページへ続きます

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください