ひと気のない夜の峠でヒッチハイクをする女の子を乗せた男性

その後、信じられない結果に・・・

若いうちは、気楽にヒッチハイクの旅というのもいいものですよね。

知らない相手の車を乗り継いで、遠くまで行く。道中、思わぬ話で盛り上がったりもして……。

その半面、知らない相手の車に乗るわけですから、危険もあります。

どこか人目に付かないところへ連れていかれて、財産や命を奪われてしまうということもあり得るわけです。

また、乗せた相手が強盗の類だったりすると、今度は車の持ち主の側が襲われるというケースもあります。

自由や楽しみもありますが、リスクもあるのがヒッチハイクなのですね。



今回ご紹介するのは、夜の峠で若い女の子のヒッチハイカーを乗せた、ある男性の話です。

善意で相手を乗せた男性でしたが、驚くべき結末が待ち構えていたのでした。

その男性は、夜の峠道を車で走っていました。

すると、道の脇に女の子がぽつりと立っていたのです。

手に持っていたのは、「北海道」と書かれた段ボール。

どうやら、ヒッチハイクをしているようでした。

「大丈夫?」と声を掛けた男性。

すると女の子は、覗き込むようにして、こう言ってきたというのです。

「すいません、明るいところまででいいので乗せてもらえませんか?」

彼女がこんな夜に峠道にいたのは、途中まで乗せてきてもらった車から降ろされてしまったためでした。

男性は了承し、彼女を車に乗せました。

続きをご覧ください!

次のページへ続きます

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください