『魔女の宅急便で、おばあちゃんからの手作りパイを孫へ渡すシーン』

ここにある隠されたメッセージが・・・!?

ジブリ映画の中でも人気映画で言わずと知れた名作「魔女の宅急便」

海外でも人気があり、皆さんも一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか?

そしてキキのように魔法のほうきで空を飛びたい、

猫と会話したいと憧れを抱いた方も多いのでは?

この物語はキキという13歳の少女が主人公です。

立派な魔女になるために、知らない街で1人で生活をしていきます。

今回は、そんな「魔女の宅急便」のあるシーンが話題になっているのでご紹介します。



キキは宅急便の仕事を始め、様々な出会いと別れを経験していきます。

そんな中、あるおばあさんから孫の元へ手作りのパイを届ける様に依頼されたキキ。

孫が美味しいと言ってくれた料理を、おばあさんはかわいい孫の誕生日に

食べさせてあげたいと思ったのでしょう。

キキもおばあさんの孫を思うやさしさに心打たれて、

薪のオーブンを使い一生懸命に手伝います。

そして大雨で悪天候の中、パイを濡らさないようにと一生懸命孫の元へ届けるのです。

きっと受け取った孫はとても喜んでくれると思っていたキキ。

しかしパイを渡した女の子の口から出た言葉は・・・

続きをご覧ください!

次のページへ続きます

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください