ウィークリーマンションで、

そこには妻は住んでいませんでした。

やがて、新しい技術の開発に成功し、

工場は何とか息を吹き返し、

現在では世界のシェア65%を超える

特殊部品を造っております。



さて、消えた妻のその後ですが、

相手の男は高校時代の妻の同級生で、

当時居酒屋を11店舗経営していたそうですが、

7年ほど前から業績が徐々に落ち、

急速な店舗の拡張に伴う借り入れの返済が経営を圧迫、

現在は収益率の高い三店舗を残し

苦しい経営が続いているそうです。



苦しい経営は私も同じです。

常に技術を更新していかなければ、

後発メーカーに取って変わられます。

利益の大半は設備投資と開発費に消えていきます。

二年ほど前になりますが…

次のページへ続きます

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください