珍解答・名解答。教師は手を止めた・・・試験の採点中の事だ。

『ある生徒の解答用紙を手にした時、心の臓が止まりそうになる・・。』

子どもの頃に学校のテストやプリントの問題で悩んだこと、みなさんありますよね。

「どうしても答えが思い浮かばず、何も書けなかった・・・」

なんて苦い思い出も。

定期考査とは?

定期考査(ていきこうさ)、定期試験(ていきしけん)、定期テスト(ていきテスト)は、学校で、各々の教科や科目の学習成果や教育効果を通して、成績評価するために定期的に実施される試験のことである。

単元別試験が単元の学習を終えるごとに実施されることに対して、定期考査はあらかじめ、実施する時期が決まっているためにこう呼ぶ。小学校などでは単元別試験、中学校以降は定期考査が行われることが多い。

一般に学期ごとに中間考査(ちゅうかんこうさ)・中間試験(ちゅうかんしけん)・中間テスト(ちゅうかんテスト)と期末考査(きまつこうさ)・期末試験(きまつしけん)・期末テスト(きまつテスト)がある。

最終学期は、期末考査を兼ねて学年末試験(がくねんまつしけん)・学年末テスト(がくねんまつテスト)が実施される場合が多いが、学期ごとに単位を認定する学校では行われない。大学・短期大学などでは、中間試験をせず期末試験だけを行う教科目も多い。

数日から1週間といった特定期間に集中的に行われることも多く、個々のテストそのものだけでなく、この試験期間のことも定期考査、定期試験と呼ぶこともある。

引用元:試験 – Wikipedia

子どもの自由な発想は、ときにテレビ番組の大喜利コーナーにも

負けない名解答を生み出します。

今回ご紹介するのは、そんな子どもたちのセンスある珍解答集です!

息子は天才

 

服の働きの発想がすごい!

とても高機能で素敵な洋服ですね。

続きをご覧ください!

次のページへ続きます

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください