母が突然倒れて入院。母「お母さんの部屋は自分で掃除するからしないでね」

その後、母は帰らぬ人に・・・母の荷物を整理していたらとんでもない物が!

今回ご紹介するのは、ある親子のお話です。

今言えることは私は両親に育てられたが、本当の父も母もわからない。

詳しいことはわからないままだし、割愛してる部分もあるので、

ネタだと思って読んでいただいても構わないです。

私は物心ついた時から母が本当の母じゃないのは知ってた。

赤ん坊の時から育ててくれて、私がいつか傷つかないようにと、

小さい時から本当のことをうまく説明してくれてた。

私を生んだ女性のことは母もあまり聞いてないようだったし、私も興味がなかった。

そして母は溺愛というには有り余るほど私を愛してくれて、

おかげさまで私は卑屈になったことはなかった。

父は田舎の長男ということで周りから「次は男の子を」と熱望されてたけど、

父と母の間に子供はできなかった。



何年待ってもできないもんだから、気の強い祖母や親戚たちが、よく母に

「子ができないからわざわざ子のいる男を狙ったんでしょ?」と

父のいないところでイヤミを言ってた。

そして両親は不妊治療を思いついた。

父には既に私という子供がいるので不妊の原因は母と思われるらしいけど、

初診は夫婦そろってという事で、二人で検査に行った。

だが、これが全ての発端となろうとは知らずに・・・

続きをご覧ください!

次のページへ続きます

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください