夢の国の禁断の裏側!?

『ディズニー恐怖の都市伝説24選』とは・・・!?

皆さんはディズニーランドに行ったことがありますか?

現実世界を忘れ、誰もが夢の国に行ける場所がディズニーランドです。

しかし、そんな楽しい場所だからこそ恐ろしく不気味な都市伝説が

溢れていることをご存知でしょうか?

今回は、知ってしまったら最後・・・不気味すぎて行けなくなってしまうかもしれない、

ディズニーランドにまつわるちょっと怖い都市伝説をご紹介します。



1.シンデレラ城の噂

ディズニーランドの「シンデレラ城」には、“願いのピアス”と”呪いの指輪”が存在します。

シンデレラが身につけているのが“願いのピアス”。

赤い服を着た夫人が身につけているのが“呪いの指輪”。

この“呪いの指輪”に触れながら憎らしい人のことを強く思い浮かべると、

その人に呪いをかけることができるという。

2.カラスがいない理由

ディズニーランドでカラスを見たことがありますか?

街中ではあれほど見かけるのに、奇妙ではないでしょうか。

これには、園内だけ特殊な電波を流していて、カラスを寄せ付けていないという噂があります。

3.恐怖のミッキーマウス

園内のどこかに、普段とは違うミッキーマウスが存在するという。

そのミッキーマウスはキバをむき出しにして、今にも襲いかかってきそうなほど凶暴だとか。

万が一、恐怖のミッキーマウスに出会っても、ディズニーランドのキャストに話してはいけません。

恐怖のミッキーマウスの話をしてしまったら、そのキャストはどこかへ連れて行かれてしまうんだとか。

続きをご覧ください!

次のページへ続きます

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください